×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

つわりの症状って?

つわりは個人差がありますが、つわりの代表的な症状は、やはり、吐き気やムカムカ感です。他には頭痛、皮膚の乾燥などの症状がでる妊婦もいます。
つわりで体調ですぐれない時期は、食事が取れずに体重が減っても大丈夫です!反対に、つわりのために吐き続けることや、めまいや耳鳴りの症状が出てきたら早めに病院を受診しましょう。
妊娠した際に、つわりが始まる初期には、吐き気や食欲不振、口がすぐ渇く、便秘などの症状が出てくるものです。しかし、その症状が強くなったり、体重が大幅に減ってきた時には、病院へ相談に行くようにしましょう。特にムカムカした吐き気の症状は、妊娠後のつわりの時期にはよくある症状です。一日中ムカムカした感じでゲップを出したいような、なんともいえない症状です。何か対策はないものかと考えることが多くなってきます。
つわりの症状で他には、食べつわりという症状もあります。お腹がすくと吐き気の症状が出るので、つい食べ物を口に入れてしまう症状なのです。においに敏感になるのも、つわりの時期の症状です。特定のにおいに敏感になるようです。他には、唾液が少なくなったり、多くなったり、ネバネバすることもあります。このように、つわりの症状は様々なのです。
つわりの時期は、いつまでこれが続くのか…終わりがあるのか…と不安定な状態にもなり解消法を探すこともしばしば。もちろん、安定するまでは症状との戦いになりますから、その症状のストレスから精神的な不安定にもなりやすいものです。

つわり対策をチェックしてみる!

つわりの症状とその対策!

つわりの時期には、このように様々な症状がつきものです…小さな命を育むのに与えられた試練とも言えるでしょう。そんなつわりの時期の症状を解消するための対策としては、まず、食べられる物だけを少しづつ食べたり、少量で食事の回数を増やすことによって、量を補うことで空腹の時の気持ち悪さや吐き気を避ける解消法もあります。近くにすぐに食べられる物を置いておくという工夫もつわりの症状を抑えるための対策として効果があるでしょう。
また、つわりの時期は、夜に少量でいいので食べてから寝るという対処法では、朝起きた時の空腹感が少なくなる効果があります。日中は、家族の料理を作る時間もできるだけ短くして、作っている時の匂いで吐き気などの症状がでる時間を少なくするという対策もあります。また、唾が出すぎて気持ちが悪い時は、アメをなめたり、氷をなめると水分補給にもなって、つわりの症状の解消にもなります。決して無理をしないで、食べられるものを食べるのが一番のつわりの対策です。
つわりというものは、空腹になると症状が強く出てくるものです。まずは、空腹にならないような対策を生活の中で工夫することを考えましょう。また、産婦人科で出会う妊婦さんと、つわりの話やつわり対策を話すことでも、参考になったり、ストレス発散にもつながりますので、結構大切なつわりの対策になります。症状が強い時ほどつらいものですが、決してつわりは病気ではありません。しかしながら、精神的なものも影響する事実があります。
つわりの症状が重い方ほど自分だけが…と思うものなのです。しかし、つわりはいつまでも続くことは決してありませんから、つわりの時期にはしっかり対策を考えて、実践して症状を軽くしていきましょう。

つわりの時期はいつまで?

つわり(悪阻)というものは、妊娠初期の時期に出てくる吐き気や嘔吐の症状のことを言います。このつらい症状は、妊娠した後1ヶ月ほど過ぎた時期から胎盤が完成するといわれている妊娠3〜4カ月位まで続く症状で、その後は自然に、つわりの症状が軽くなっていくことが多いものです。しかし、つわりの症状や時期というものは、個人差があって、症状にもばらつきがあります。
つわりの症状は、入院する程つわりがひどい妊婦さんや反対に、つわりの症状を全く感じない妊婦さんまで様々なのです。つわりの症状が早めに来る方は、つわりで妊娠に気づく方もいます。症状が安定する時期に入ると、つわりは収まっていくものですが、それまでのつわりの時期の症状の出現の仕方というものは、人によって、非常に個人差があるものなのです。
つわりの時期は、12〜16週頃まで続くと言われてます。それまでの我慢と思って、つわりの症状の対策をされている方は多いと思います。しかし、実際には毎日のことなので日々悪戦苦闘をされることでしょう。ご自分の症状にあった解消法を見つけるのが一番かもしれません。しかし、忘れてならないのは、空腹は症状を悪化させるので、まずはその対策を考えるようにしてみてください。
つわりの時期をまとめると、つわりが始まる初期の時期は、妊娠後1ヶ月を過ぎて症状が出始めて、4ヶ月ぐらいの時期まで続くのが特徴です。子どもが生まれるまで症状が続く方もいらっしゃいますが、妊娠後半は症状が軽くなっていく方が多いのも事実です。もう少しの辛抱ですから、がんばってください!

Copyright © 2008 つわりと妊娠〜症状と対策〜